溝の深さを確認する|タイヤの種類は夏用と冬用だけじゃない!愛車に最適な種類を選ぼう

タイヤの種類は夏用と冬用だけじゃない!愛車に最適な種類を選ぼう

車とメンズ

溝の深さを確認する

車と人形

自動車は不備がないようにしっかり整備をしておかなければ、安全に運転することができません。車体が万全の状態であることも大切なのですが、意外にも重要なのがタイヤの状態です。自動車がしっかり安全に走るためには、車体の状態だけでなくタイヤの状態も万全である必要があるのです。このパーツはゴム製であり、消耗品です。そのため、2年から3年に1回は交換が必要になることが多いでしょう。2年から3年が経過していなくても、走行する頻度が高ければ当然すり減るのも早くなります。比較的、自動車に乗る頻度が高いという方は、できるだけこまめに状態をチェックするようにしておくと安心です。交換した方がよいかどうかの判断は、タイヤの溝から判断することができるでしょう。新品は溝が深く、交換した方がよい状態のものは溝が浅くなっています。この溝は単なる装飾ではなく、ブレーキの効きをよくするためのものなのです。これが浅くなってしまっているということは、ブレーキの効きが悪くなっている状態と言えます。雨天時などにスリップしやすいという危険がありますので、溝が浅くなっていると感じたら早めに交換することを検討しましょう。車検が控えている場合、タイヤの溝が浅くなっていると引っかかる可能性が高いです。溝が1.6ミリ以下になっていると車検を通すことができないと言われており、溝の深さはガソリンスタンドで気軽に計測してもらうことができます。溝の深さを確認してから交換を決めたいという方は、ガソリンスタンドに相談してみるとよいでしょう。